2015年12月05日

テロ国家イスラム国の残虐と『イオの末裔』

小説『イオの末裔』は、逃げることをテーマにした小説です。
アマゾンの小説の内容紹介には、次の文を掲載しました。

教団拡大のために凶悪な犯罪もいとわない《鬼神真教》の教祖・サヤ婆(鬼塚サヤ)の孫として生まれた鬼塚宏樹(主人公=私)は鬼塚一族の残酷な行為を嫌って一族の家から逃亡し、裏切り者として追われる身になる。その恐怖から彼は各地を転々として暮らすしかない。やがて彼は大都市のK市である女に出会い、一時的に幸福な暮らしを手に入れる。だが、そんなある日、大都市の町中でサヤ婆を狂信する磯崎夫妻の姿を見つける。そのときから、彼の恐怖の一日が始まる。恐るべき鬼塚一族の人々が次々と彼の行く手に出現する。…、そして、彼の逃亡がまた始まる。はたして、彼は逃げ切れるのか。鬼塚一族の魔の手を逃れ、自由な暮らしを手に入れられるのか。

恐ろしく簡単な説明ですが、強引にまとめるとこんな感じだと思います。

こういう小説なので、小説の中には当然、残酷な犯罪行為がいくつか描かれています。
その一つに、主人公の叔父であり、小説の中で最も凶悪な人物・鬼塚昌治が、教団内の裏切り者を残酷に殺した挙句に、その首を取ってしまう場面があります。

この場面のモデルは、テロ国家として悪名高いイスラム国で起こった同様の事件です。
その映像を私は見てはいませんが、YouTubeに動画が投稿されて話題になったので、知っている人も多いでしょう。

あまりにも残酷で、身の毛もよだつ話ですが、このように残酷な話が『イオの末裔』の中に入り込んだのにはわけがあります。
実は、『イオの末裔』の構想の最初の段階で、イスラム国のような無法者国家が、物語の舞台の候補の一つだったからです。

それで、テロリストの残酷な犯罪と類似した場面が小説『イオの末裔』に描かれることになったのです。

posted by 草野 巧 at 21:19| Comment(0) | イオの末裔
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: